◆季節のケア~春版 『スギ花粉症予防対策』

今年の春のスギ花粉の飛散量は例年より激増するそうです。

 

花粉症は、症状が軽いうちに体調管理に気をつけることで、随分体も楽になります。そこで、東洋(中国)医学的に見る花粉症になりやすい体質と対処法についてお話します。

 


【東洋医学的花粉症のメカニズム

 

◎ストレスと花粉症の密接な繋がり

 

東洋(中国)医学で考えると、春の花粉症は「肝」(かん)という臓器が関係すると考えられています。気の巡りやストレスと関係深い臓器です。(西洋医学の肝臓とは違う概念です)

ストレスを発散できずに、イライラしたり、どこか身体に力が入っている状態は
肝に問題があるといえます。

花粉症の時期は年初めや年度末、年度始めなどでどこか落ち着かず忙しく、ストレスもたまりやすい時です。(元来イライラしたり、せっかちな人は季節に関係なく要注意です)

 


◎春の陽気とストレス

 

イライラ、身体に力=興奮・緊張気味、頭で考えすぎなどという状態は身体の巡りが悪くなり、上に上にのぼせているともいえます。そして、冬から急に”もわっ”と暖かくなる春はそうでなくても上にのぼせやすい季節です。

そんな環境で身体の中の巡りが悪くなり、上に上にのぼせてしまうのです。(花粉の症状は上半身の首から上に出るのも説明がつきます)そして、水分代謝や呼吸にも影響を及ぼし、鼻水や涙、咳、痰なども出てきます。

 


◎こんなタイプが花粉症になりやすい

 

■イライラするタイプの人
■頭で考えるタイプの人
■緊張しやすい人
■ストレスを発散できていない人

 

など、ストレスを感じやすい人は、花粉症に罹りやすいので気をつけてください。

 


◎生活習慣、食習慣の改善を

 

以下のような注意を事前にすることで、症状の出方は随分楽になります。

 

■興奮したりのぼせるような食べ物、例えば香辛料の強いものや、カフェインを含むもの(コーヒー、紅茶、緑茶など)を控える。(カフェイン類を控えるだけで随分違います)

■長時間のパソコンなど目を酷使することや夜更かしをしない。

 

■適度に身体を動かして、心と身体にストレスを溜め込まない生活を心掛ける。

■水分代謝も弱まっていますから、水分の取りすぎや暴飲暴食は厳禁。

 

 

◎子どもの花粉症対策

 

最近は幼児や小中学生の花粉症も増えてきました。子どもの場合はまずは甘いものや脂っこいもののとりすぎ、暴飲暴食に注意してください。

 

お菓子やジュースのとりすぎ、から揚げ、お肉などカロリーの高いもののとりすぎは、花粉症発症だけでなく、アトピー、小児喘息、夜泣き、精神不安など様々な不調を引き起こす要因になります。

 


◎未然未然に出来ることからやってみよう

 

ちょっとしたことを未然に気をつけることで、随分体調は変わりますので、花粉が飛ぶ前から上記のことを気をつけて生活してみてください。

 

 

 

【花粉症と鍼灸治療】

花粉症に対する鍼灸治療は、体質改善を行いながら主訴(辛い症状)を取り除いていく治療です。そして、「花粉症にならない、負けない体質づくり」を治療の目標とします。ストレスを溜めない、伸びやかな身体を作っていくのです。

治療は花粉が飛び始める前から始めるのがより効果的で、花粉が飛び始める季節までに体調をある程度調整していきます。しかし、症状が出てしまっている場合でも、その症状を軽減させることは十分可能です。

 

 

 

【アロマで花粉症対策】

 

月刊*パクス創刊号の『アロマルーム便り』をご参照ください。



COPYRIGHT(C)pax terrena. ALL RIGHTS RESERVED.