◆季節のケア~夏編『猛暑に負けない身体作り』

 

猛暑です。夏に気を付けなければいけないのが夏バテと暑気あたり(熱中症)です。

 

日頃の生活を気を付けることで予防できますので、東洋医学的な予防対策をお知らせします。

 

 

 

【東洋医学的な夏バテ予防対策】 

 

◎冷たいものの過食に注意。

冷たい麦茶、ビール、アイス、カキ氷、そうめん、ひやむぎ、冷麺など。暑い夏には、喉越しの良い冷たい物をどうしても多くとってしまいます。

しかし、冷たい物のとりすぎは夏バテの原因となります。

 

 

◎冷たいもののとりすぎは脾胃(ひい)に負担をかける。

 

東洋医学では、冷たいものの取りすぎは脾(ひ)、胃という機能に負担をかけてしまうと考えられています。

脾と胃の重要な機能として、食べ物を取り込んでエネルギーを生産する機能があります。

 

食べたものが血となり肉となると考えると、この機能は私たちが生きていくうえでとても重要なものです。(“気”も食べ物等から作られると考えられます)

冷たい物のとりすぎで脾と胃の機能が弱ることで、食欲も落ちて、体力がなくなり、身体がだるくなって夏バテになってしまうのです。

ですから冷たいものの取りすぎには気をつけてくださいね。

 


 

◎具体的な予防策は・・・

 

脾と胃の機能を弱らせないためにも、冷たいもののとりすぎに注意してください。また、飲み物は常温かせめて氷などは入れずに飲んでください。食べ物も冷たい物をだけでなく、和食中心のバランスの良い食事がやはりベストです。

冷えをとるために、生姜やニンニク、唐辛子などを過食している人がいますが、それは間違った考えで良くありません。刺激の強い飲食物のとりすぎは脾と胃の機能を弱らせます。

そして、身体を温めるというよりは身体に余計な熱を溜め込んでしまいます。何事も程々が良いのです。

 

 

【暑気あたり(熱中症)予防対策】

 

熱中症などの夏の暑さからくる不調の予防に重要なことは、身体の中に不要な熱を溜め込まないことです。

 

東洋医学的に考えると、身体の中に不要な熱がこもっている人は熱中症にかかりやすいタイプと言えます。

 

 

◎どういう人が熱がこもっているか…


ストレスを溜め込んでいる人、身体が緊張しやすい人、脂っこい食べ物を多くく摂っている人・・・のような方は不要な熱が身体にこもりやすいタイプです。

 

ストレスが溜まりイライラすると、目は血走り、顔はポッポなり紅潮しますよね。

 

焼肉など脂っこい食べ物を食べると身体が熱くなったり、体臭が気になったり、息がくさくなったり、便や尿がいつもより臭いませんか?

 

そういう状態が内に熱がこもっているということです。このような生活習慣や食生活が続くと、慢性的に身体に不要な熱が溜まってきます。



この熱は、身体が温まって気持ち良いという心地よいという熱ではなく、無性に熱かったり、イライラしたり、目が赤くなったり、皮膚が赤くなって痒みが出たりなど身体に良くない熱のことです。



 

◎熱を溜め込まない身体にするには…

 

まずは、身体の中の余分な熱を発生させる生活習慣や癖を改善する心がけから始めてください。

 

具体的に言うと、ストレスを溜め込まず適度に身体を動かして発散し、甘いもの、油っぽいもの、香辛料の強いもの、カフェイン飲料やアルコールなどをとり過ぎないように。

 

和食中心のバランスの良い食事と適度な運動で、心と身体の巡りを良くして、色々なものを身体の中に溜め込まないことが重要です。

 

上記のケアはすべて、手足口病、ヘルパンギーナなど子どもの夏の感染症予防にもなります。

 

【その他夏の注意事項】

 

猛暑による電力不足だということで、節電ムードが高まって(高められて)いますが、節電は身体に害が及ぶまで我慢してやる必要はありません。そもそも電気は十分足りているのですから。

 

無駄遣いは良くはありませんが、自分が必要な分だけ電気を使うことに負い目を感じる必要は全くありません。

 

皆さんの、お子さんの、そして、おなかの赤ちゃんの身体のためにも必要な電気は使ってください。

 

 

原発Nチャンネル14 原発なしでも電力足りてる 小出裕章氏

COPYRIGHT(C)pax terrena. ALL RIGHTS RESERVED.