◆月刊*パクス4月号

【2012年4月号目次】

 

■からだのふしぎ

 『春と自律神経』 坂東臣政

 

■アロマ&美容鍼灸ルーム便り

 『PMSにアロマを…』 吉井まゆ子

   

■小さなしあわせ

 『違う世代編』 寺田薫子

 

■美容豆知識

 『指先のおしゃれ』 森麗美

 

■編集後記&お知らせ

 

 

◆からだのふしぎ~11 春と自律神経   坂東政臣

最近は随分暖かくなり、もうすっかり春めいてきましたね。春は一年の始まりの季節として、新しい環境に身をおいたり、新しいことにチャレンジする人も多いと思います。

 

しかし、この季節は体調を崩したり気持ちが落ち込む人が増えるということをご存知でしょうか?

 

今回は春に体調を崩しやすい理由、春と自律神経の関係についてです。

 

 

そもそも自律神経とは、私たちの体や心を安定させ、快適な状態にキープするために働いている神経です。

 

この神経は私たちの意思とは関係なく、内臓や血管などをコントロールしていて、心臓を動かしたり、体温を調節したり、呼吸や食べた物を消化することも、全て無意識のうちに行われています。

 

自律神経は、体の働きを活発にする「交感神経」と、体を休めてリラックスさせるように働く「副交感神経」という、まったく逆の働きをもった2つの神経からなり、これら2つの神経が必要に応じてスイッチのように切り替わることで、体のバランスが保たれ、快適な状態をキープしています。

 

 

しかし、不規則な生活やストレス、気候の変化などの影響を受けると、自律神経のバランスが乱れ、心身に様々な不調が出てきます。

 

春に体調を崩しやすい原因、その一つは急激な気温・気候の変化です。

 

暖かくなったり寒くなったり、気温や気候の変化が激しい毎日は私たちの体に大きなストレスを与えています。そんな生活が続くと、体温調節を担っている自律神経はその変化に対応しきれず疲れてしまい、うまく働かなくなってしまいます。

 

 

自律神経に疲れがたまると、体や心の安定が失われ、体調を崩したり、気分が塞ぎがちになったり、イライラしたりといった症状もでてきます。

 

また、春は就職や転勤、引越しなど、生活において様々な変化がおきやすい時期でが、新しい環境に馴染もうとすることは、自分が考えている以上に気力や体力を使います。そういった環境の変化も、疲れた自律神経をさらに疲弊させる原因となります。

 

 

この時期を元気に乗り切るには、規則正しい生活が一番大切です。

 

生活のリズムを整えることで、自律神経のバランスは乱れにくくなります。バランスの取れた食事も心がけましょう。寒暖の差が激しい時は体温調節できる服装を選ぶことも大切です。

 

また、春だからといってあまり予定を詰め込まず、仕事もプライベートも無理しないペースを保ちましょう。

 

気候が安定するまでは十分お気をつけて、元気に春をお過ごし下さい。

 

 

◆アロマ&美容鍼灸ルーム便り~11 PMSにアロマを…   吉井まゆ子

月経が始まる一週間前後くらいから起こる様々な症状を月経前症候群(PMS)といいます。

 

東洋医学的にも月経前は皆比較的「お血」(血が滞っている状態で、痛みや血行不良などを引き起こす)状態になるため、肩こりや頭痛、腹痛腰痛など痛みの症状が強く出ます。

 

また、気の巡りが悪いとストレスや緊張で「肝」の働きが乱れ、イライラや無気力などの症状も出てきます。

 

毎月やってくる不快な症状。今回はこれらの症状に効くアロマをご紹介します。

 

 

★PMS対策ルームスプレー

 

ネロリまたはベルガモット精油 4~6滴
精製水 100ml

 

〇精油と精製水をスプレー容器に入れ、よく混ぜ合わせます。

〇ハンカチやティッシュ、マグカップにお湯を入れ精油を垂らしても。

 

 

ネロリはイライラや不眠、ストレスを改善し、また沈痛作用もあります。

 

ベルガモットは、リラックス効果や清熱作用が非常に高く、滞った「気」の巡りを良くして情緒を安定させてくれます。「天然の抗うつ剤」とも言われています。


カモミールやペパーミント精油もPMS症状に効果的なのでオススメです。

 

アロマで気分転換。憂鬱な生理期間も、少しでも気持ち良く過ごしたいものですね。

 

 

*アロマ&美容鍼灸ルームのサイトはこちらへ*

 

 

◆小さなしあわせ~10 違う世代編   寺田薫子

母の知り合いのお料理の先生が自宅で少人数で教えてらっしゃって、半年前ぐらい前から通ってます。

 

いい年して、魚もおろせないし、出しの取り方もちゃんとは知らないことが恥ずかしくなり・・・。

 

ただ、うーんと年上の女性ばかりの教室なので、初めは少しびびりました(笑)

 

若い頃は、年上の女性がどうもなんとなく苦手で。。。。あれは、どういう感覚なのでしょうか・・。世代が違う年上の女性への苦手意識は、意外と多くの人が持っている感覚かも知れませんね。

 

教室には70歳代のしっかりしてらっしゃる元女校長先生とか、教会の奉仕活動のリーダーをやってらっしゃる上品な方がいたり、どうなることやら・・と思いながら通い始めたのですが、不思議なことに、、、楽しくお話しできてます。

 

世代が違うのにも関わらず、和やかにお話しすることができるようになりました。不思議ですねぇ。。。

 

そういえば、先日、夫の実家に帰省した際も、義理の母と2人きりで長い時間話しこんで来ました。昔はかなり怖かった(笑)お姑さんと、こんな風にざっくばらんに本音で話せる日が来るとは思わなかったなぁ。(ご本人にはさすがに言えませんでしたが、、密かに感動しておりました)

 

世代は違えども、同じ女性同士、良いこともあれば、悪いこともある。嬉しいこともあれば、悲しいこともある。うまく出来たこともあれば、失敗してしまったこともある。

 

人生って、「いろいろあるわねぇ・・・」と、そろそろ、それぞれ「いろいろ」の違いはあるけれど、その、「いろいろあるねぇ・・・」の一言で共感し合えるようになってきたのかも知れません。少しは大人になれたかなぁ。

 

違う世代の女性とのお喋りは、最近の小さな幸せです。

 

満開の桜・・・。早くに咲くつぼみもあれば、遅くまで咲かないつぼみもあり、よく日に当たる桜は早く満開を迎えて私達を喜ばせてくれるし、日蔭の桜はなかなか咲けないけれど、長く私達を楽しませてくれる。


そんなことをしみじみと感じる今年の春です。

みなさんにとってもそれぞれの春を楽しまれますように・・・♪

 

 

◆美容豆知識~1 指先のおしゃれ   森麗美

私が普段行っている美容法や美しくなるための情報を発信して行きたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

今月は“指先のおしゃれ”についてです。

 

暖かくなってくると肌の露出も増えるので、指先のおしゃれにも気を遣いたいですよね。男性でも爪のお手入れをする時代です。そこで今回はマニキュア速乾術をお伝えします。

 

急いでマニキュアを乾かしたい時は、あらかじめ冷蔵庫でマニキュアを冷やしておきます。こうすることで普段の3分の1程の時間で乾きます。忙しい時などには最適ですね。

 

またちょっとぶつけたりして、マニキュアがはげてしまった時は、油性のハンドクリームを爪に塗ります。1分程放置してからクリームを塗りつぶします。すると、マニキュアがのびて傷が簡単に直ります。是非一度お試し下さい。

 

 

【編集後記&お知らせ】

 

◎4月から森先生の連載がはじまります。『美容豆知識』、参考になりますね。

 

◎都合により暫くの間、榮島、湯浅の連載はお休みさせて頂きます。

 

◎暫くの間、『月刊*パクス』は諸事情により休刊とさせて頂きます。もしかしたら、発行するかもしれませんが、とりあえずお休みということにしてさせてください。